お仏壇の修理・修復・特注仏壇なら山﨑本店

文字サイズ

ご相談・お見積りはお電話ください:0269-62-3242

信州飯山の仏壇店・山崎本店

メールでのお問合せはこちら

  • HOME
  • 山崎たかひろブログ

山崎たかひろブログ

新着記事

お仏壇の年代を見る

  2015年01月30日更新

DSCF8485

お仏壇のお洗濯依頼を頂く際に、こんなご質問を頂きます。

「うちの仏壇はとにかく古いがいつ購入したかさだかじゃない…年代とか分かる?」

これは多くのお客様が思ってらっしゃる疑問の一つです。

私達はお洗濯の御見積をお出しする時は必ず現場におじゃまして、お客様のお仏壇を拝見させて頂きます。

現場では、お仏壇の正面(内部の構造や彫刻の痛み具合などお客様も目に見えて痛んでいる箇所)だけでなく内部の木の具合や扉を閉めた状態も見させて頂きます。

その時、よく発見されるのがお仏壇を買った当時に入れられた【名入れ】。

写真は県内在中K様宅のお仏壇の名入れですが、こちらはご先祖様の百か日法要を記念して購入、日付が入れられています。これを見る事でこのお仏壇が今から何年前に、どんな目的で購入されたのかが分かります。

中にはどこの仏壇屋で買ったか記載されているお仏壇もあります。

名入れの箇所は様々です。

ちなみにこちらのK様宅のお仏壇の背中に入れられていました。実は背中に名入れされたお仏壇が一番多いです。

その為名入れが発見されたのはお仏壇引き上げの当日、もちろんお客様もご覧になるのは初めての方がほとんど。それもそのはず、大きなお引越しでもない限りお仏壇を仏間から出すなんてありませんものね。

中にはお仏壇の側面に入っていたお宅もありますし、場合によっては引き出しの裏に記載されていたお宅もありました。もちろんお仏壇によっては名入れの無い物もございます。

古い名入れをご覧になったお客様のほとんどは「せっかくだから消さないで残して欲しい」とおっしゃいますね。

また、名入れの無かったお仏壇をお持ちの方は「これを機会に名前を入れて」とのご希望をよく頂きます。

お仏壇にお名前や日付を入れて貰ったり、それを発見する事でより一層お仏壇への愛着がわく…とのお声をたくさん頂きます。

 

地元ケーブルテレビiネットの取材を受けました!

  2015年01月30日更新

取材

飯山の地元テレビ局iネットさんから取材を受けました!

来月開業する「レッツゴー!まちっぷちゃん 北陸新幹線飯山駅開業直前SP」の取材との事。

当店ではお仏壇造りの歴史や作業工程の説明、実際作業をしている工場などを見学して頂きました。

見学に来られたのは長野県住みます芸人でお馴染みの吉本若手コンビ「こてつ」さん。

社長の説明や工場での作業風景に興味津々!また店内で販売されている多彩なお線香やリン、木魚などのお仏具の数々に積極的にご質問を頂きました。

番組の放送日はH27年2月6日(金)14:30~

2月一杯は金曜日の14:30、19:00,21:30に放送されます。

信越は9市町村のケーブルテレビを中心に全国のケーブルテレビでもgご覧頂けるそうです(一部受信できない地域有り)

番組名は【レッツゴーまちっぷちゃん2015年2月号】。

 

太鼓への名入れ

  2015年01月29日更新

たまには仏像以外もご紹介。

こんなこともやりまっせ!

th_t02200293_0491065511737572865
すごくないですか!?この太鼓の大きさ!びっくりしました。

今回のご依頼はこの太鼓の胴に寄付者様のお名前を書く作業です。

言ってしまえば太鼓名入れです。

根気と気合が必要な作業でした。(笑)

とても機械のような字とは言えませんが、なんとかがんばりました。

今回のご依頼はこのように!!

th_t02200293_0462061611737572864
全部で100名近く書きました。なんとか一日で書き上げましたが、最後には腰が固まりました(笑)

ご寺院様のお困りごともお任せください。

本日は古屋根の組み立てです。

  2015年01月29日更新

屋根組み立て

 

本日はお洗濯中のお仏壇の屋根の組み立て作業中です。

お洗濯の作業は仏壇を全て解体して行います。もちろん彫刻や内殿の屋根も部品を一つ一つばらし、汚れを落として再度塗りや金箔はりの再度元の通りに組み立てます。その中でも屋根は特に部品が多く組み上げに時間がかかります。組み上げ箇所を間違えないよう最新の注意を払い、チェックしながら作業を行います。

 

家庭用仏像 修理

  2015年01月28日更新

一般家庭の御本尊を修理いたします。

基本作業はまず洗浄してから解体です。

解体の際に気をつけているのが、接着面を上手に慎重に剥がすことですね。

古いものはほとんどが、ニカワで接着してあります。動物性たんぱく質みたいなものなので、お湯をかけたりすると若干ふやけます。

このポイントで解体します。解体後

 

IMG_2011